Company Info / Our Funds

Company Info

会社名
グローバル・ブレイン株式会社
資本金
1億円
代表者
百合本 安彦
設立日
1998年1月
所在地
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町10-11
事業内容
ベンチャーキャピタル事業

Our Funds

グローバル・ブレインは事業会社(出資者:LP)とGB(運用者:GP)の二人組合で
ファンドを組成して運営を行っている他、CVCの運用も行っております。

SFV・GB投資事業有限責任組合

Limited Partner
ソニーフィナンシャルベンチャーズ株式会社
運用期間
10年
投資対象
  • Fintechなどの分野に強みを持ち、ソニーフィナンシャルグループと協業の可能性のあるベンチャー企業
  • ソニーフィナンシャルグループの企業価値向上に資する新規事業となる可能性のあるベンチャー企業
  • 主に日本・北米・欧州・東アジア・東南アジアに所在する企業
運用総額
50億円程度
General Partner
グローバル・ブレイン株式会社
狙い
保険会社と銀行などを傘下に置くソニーフィナンシャルグループが有する金融サービスの幅広い知見と、有望なベンチャー企業を発掘・育成してきたグローバル・ブレインが持つネットワークや目利き力を活かし、財務的なリターンの獲得に加えて、ソニーフィナンシャルグループの既存事業の一段の強化と新規事業の創出に取り組んでいきます。
特徴
ソニーフィナンシャルグループが有する金融サービスの幅広い知見と、グローバル・ブレインが有する投資先ベンチャー企業に対する多面的な経営支援、IPO支援等を行うことで、投資先である有望なベンチャー企業の飛躍的成長の実現をサポートすることが可能です。

グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合

運用期間
10年
投資対象
日本を中心として、北米、韓国、東南アジア、イスラエル、インド、欧州のベンチャー企業
運用総額
200億円程度
無限責任組合員
グローバル・ブレイン株式会社
主な有限責任組合員
クールジャパン機構、株式会社ジェイティービー、株式会社三井住友銀行、住友林業株式会社、株式会社電通国際情報サービス、株式会社KODENホールディングス、KDDI OPEN INNOVATION FUND
狙い
GBが持つ情報技術トレンドに対する深い理解・分析力をベースとした戦略的ソーシング能力、コーポレートベンチャーキャピタル運用の実績をベースとした大企業との戦略的マッチング能力、多様なバックグラウンドを持つチームによるきめ細かいハンズオン能力を活用し、日本の国際競争力強化ひいてはグローバル経済に貢献する革新的ICTベンチャーの創出・支援を目指します。
特徴
本ファンドは、戦略的LP出資者として、クールジャパン機構、株式会社ジェイティービー、株式会社三井住友銀行にご参画いただき、革新的ICTベンチャーの創出・支援と産業界の連携等を通じ、社会課題の解決にも取り組んでいきます。特に、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、観光・インバウンド産業の競争力強化に貢献するなど、日本の国際競争力強化を目指していきます。
31VENTURES Global Innovation Fund

31VENTURES Global Innovation Fund

Limited Partner
三井不動産株式会社
運用期間
10年間
投資対象
日本を中心として、北米、欧州、イスラエル、アジア諸国のべンチャー企業
運用総額
50億円
General Partner
グローバル・ブレイン株式会社
狙い
三井不動産グループとシナジーの高い事業領域の有力ベンチャー企業を早期に発掘し、育成・支援していきます。三井不動産グループの幅広い事業領域と国内外でのベンチャー支援実績のあるグローバル・ブレインの両者の知見を活かし、オープンイノベーションの推進を目指します。
特徴
昨今はインターネット(オンライン)とリアルをつなぐ商品やサービスを持つベンチャー企業が多く、当社はベンチャー企業に対してリアルな場の提供を幅広くできる点が大きな強みであり、事業を共創していくことが可能です。
KDDI Open Innovation Fund(KOIF)

KDDI Open Innovation Fund(KOIF)

運用期間
2022年1月までの10年間を予定
投資対象
KDDIと協業する国内外のIT系ベンチャー企業
運用総額
100億円(1号ファンド50億、2号ファンド50億)
運営者
グローバル・ブレイン株式会社
狙い
ベンチャー企業を広く支援するファンドで、投資だけにとどまらず、KDDIグループ傘下の様々な事業、アセットとのシナジーにより高いレベルのイノベーションを生み出す事業の創出を目指します
特徴
KDDIの持つ多くの企業との幅広いネットワーク、マーケティング力、auスマートパスをはじめとする各種サービスとの連携に加え、グローバル・ブレインが提供する経営支援プログラムの活用により、効果的な成長戦略を実現することができるようになります。

グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合

運用期間
2023年12月31日まで
投資対象
グローバルマーケットを牽引する革新的ITベンチャー企業
運用総額
150億円程度
無限責任組合員
グローバル・ブレイン株式会社
主な有限責任組合員
株式会社産業革新機構
狙い
有望な領域を設定し、日本の産業界のニーズを反映したうえで創業段階から相当額の投資を実施。これらの取組みにより、不断かつ継続的なイノベーション基盤を構築し、日本国の国際競争力強化を目指します。
特徴
産業界に強いネットワークを持つ INCJ と、ハンズオン+グローバル+CVCでの実績を持つグローバル・ブレインの協業により、次世代の国富を担うIT 関連ベンチャーの創出・育成を下支えするハンズオン型ベンチャーキャピタルファンドとなることを目指します。