Interview

エレベーターピッチでの出会いから、
世界戦略のパートナーへ。

Changsu Lee
5Rocks, Inc. (韓国)Chief Executive Officer
5Rocks」Webサイト

5Rocksのサービスについて教えていただけますか?

5Rocksはモバイルゲームやモバイルアプリを提供する企業向けに、強力なBIツールを提供する会社です。BI (Business Intelligence) ツールとは、企業の迅速かつ正確な意思決定のため、データの収集や分析を支援するツール群の総称で、企業の効率的な成長プロセスを、分析によって導き出すことを目的としています。5Rocks は2013年6月末に韓国でクローズドベータ版のBIサービスを開始し、日本でも3カ月後の2013年9月には、KLab株式会社、株式会社ポケラボ、株式会社マイネット等5社が参加する形で、同じくクローズドベータ版の提供を実現しました。同時に、グローバル・ブレインがそれぞれKDDI株式会社 、ニフティ株式会社と共同で運営している、「KDDI Open Innovation Fund」、「WING」を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約2億3,000万円を調達しました。

2014年4月には80社の200アプリから利用される形で、韓国及び日本にて正式サービスをローンチしました。特に日本では、株式会社アドウェイズとの業務資本提携を実現し、アドウェイズが誇るスマートフォンアプリ向けグロースハック・効果測定システム「PartyTrack」との連携も実現させました。その後は僅か2ヶ月間で、利用社数が700社を超えるなど、急成長を経験しました。

さらに2014年8月には、米国の有力モバイル広告ベンチャー企業であるTapjoy社との経営統合に至りました。これにより5RocksはTapjoyの子会社となりましたが、私は引き続き5Rocksの社長を務めると同時にTapjoyのVice Presidentにも就任し、世界を舞台に仕事が出来る喜びに、これまで以上にワクワクしています。

グローバル・ブレインとの出会いと、どのような印象をもたれたのかを教えてください。

きっかけは、2013年5月1日にソウルで開催されたイベント「beLAUNCH 2013」での、グローバル・ブレイン百合本さんとの出会いです。私は講演者として参加したのですが、控室で偶然百合本さんの隣に着席し、ご挨拶する機会を得ました。

ちょうど5Rocksはクローズドベータサービスの準備中で、グローバル展開を行うためにぜひとも資金調達が必要だと考えていましたので、名刺交換のタイミングに、学生時代に覚えた日本語を必死に思い出しながら、その場で一気にプレゼンテーションをピッチしました(笑)。幸い百合本さんは強い関心をもって頂けた様子で、ぜひ改めて詳しい話を、と言って下さり、そこから本格検討へと繋がっていきました。よく、起業家はエレベーターピッチの練習を、とは言いますが、実際に具体的なチャンスが巡ってくるとは驚きましたし、百合本さんには突然のお願いに丁寧に話を聞いて頂き、嬉しく思いました。

投資決定前から、大手のゲーム企業を紹介して頂く
など、既に支援が始まっている感覚でした。

グローバル・ブレインから投資を受けた決め手はなんですか?

実は、資金調達活動はかなり積極的に幅広く、半年以上に渡って行っていました。韓国の投資家さんだけでなく、早朝の飛行機に飛び乗っては、日本の投資家さんにも事業説明を繰り返していました。いま思い出しても汗をかきそうです(笑)。サンフランシスコのGame Developers Conferenceなど、海外のカンファレンスにも積極的に参加しました。モバイルゲーム会社に数百回のピッチを行い、その都度、フィードバックと修正を繰り返し、ビジネスプランとプレゼンテーションを磨いて行きました。
それが奏功したのか、幸い、日本の複数のVCさんや事業会社さんから投資検討のお申し出を頂き、アメリカやアジアからも多くのお話を頂いていた状況でした。

そのなかで、グローバル・ブレインさんに特に惹かれたのは、そのアクションの速さと深さです。グローバル・ブレインさんはただ資料を調べて投資検討するのでなく、単独で5Rocksの営業資料を携えて、弊社のツールを採用してくれそうなゲーム企業や協業先候補企業を、次々と訪問して下さったのです。そして有益なフィードバックを集めるのはもちろん、ほぼ採用が決まった状態の大手ゲーム企業まで、紹介して下さいました。まだ、投資決定前なのにです。このとき、他のVCさんと話す必要はないと思いました。

投資の検討期間や、投資決定後の支援について教えてください。

投資の検討期間については、検討開始から投資の意思決定まで約1か月でしたので、とてもスピーディでした。実際に出資、支援を受けてみての感想ですが、グローバル・ブレインさんのハンズオン支援と、大企業とのマッチングが上手くフィットして、弊社は大きく成長できたと、これは心から実感しています。

ハンズオン支援では、日本の支社長、技術責任者の採用から、日本法人の設立、日本法人の経理処理まで、多くのバックオフィス業務をグローバル・ブレインさんに支援して頂きました。おかげさまで、事業を一気に立ち上げることだけに、集中できました。また社内の人心をまとめるためのインセンティブ設計から、Tapjoyとの経営統合交渉まで、終始、資本政策をリードして頂きました。
大企業とのマッチングでも、KDDIさんより「1年で100社の顧客を獲得しましょう」とのコミットを頂き、実際に多くの人員を割いて、何度もイベント開催を支援して頂き、本当にそれを実現することが出来ました。大企業ならではの経営戦略アドバイスも頂き、今年に入ってからの急成長はKDDIさんのご支援によるところがとても大きいです。

グローバル・ブレインさんとの出会いから僅か1年で、グローバルに勝負する切符を手に入れられたわけですが、激動の1年のなか、支援して下さった多くの方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからの5Rocksが目指すところを教えてください。

Tapjoyとの経営統合は、私にとって通過点でしかありません。自分が心をこめたサービスが、韓国で使われ、日本で使われ、そしていまTapjoyとの経営統合によって、世界中で使ってもらえる道が開けました。ここで世界に打って出ない手はありません。いま世界中のゲーム会社と直接のコンタクトが得られたので、彼らの抱える課題や、求めている支援をダイレクトに理解できるようになりました。そうやって拾った課題の1つ1つについて、確実に解決するソリューションを作り、世界のデファクトスタンダードを取りに行きます。そして、アメリカでIPOを目指したいですね。

5Rocks, Inc.

5Rocks, Inc.

2010年設立。データの収集や分析を支援するBIツールを武器にゲーム市場へソリューションを提供。業界の活性化と拡大に貢献し、全世界のゲーム会社が使うサービスを目指す。

他のインタビューを見る