グローバル・ブレイン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長百合本安彦、以下 グローバル・ブレイン)は、三井不動産株式会社(東京都中央区、代表取締役社長菰田正信、以下三井不動産)の本業強化・事業領域拡大に向けた新産業創造を目指し、主に日本国内において革新的な技術・サービスを有するグロースステージのベンチャー企業を投資対象とした総額300億円のベンチャー投資事業を、同社と共同で開始いたします(以下、本事業)。

三井不動産は2015年にベンチャー共創事業部を設立し、「資金」「コミュニティ」「支援」の3本柱でベンチャー企業と新産業の共創を行ってきており、2015年末には同社初となるコーポレートベンチャーキャピタルファンド「31VENTURES Global Innovation Fund 1 号(以下、1号ファンド)」をGB社と設立し、アーリー期のベンチャー企業を中心に、これまでに国内外十数社への投資を実行しています。

本事業は、収益モデルが確立しているグロースステージのベンチャー企業を出資対象としたコーポレート・ベンチャー・キャピタル事業(CVC事業)であり、投資領域は、不動産テック、IoT、サイバーセキュリティ、Eコマース、フィンテック、ロボティクス、AIなど三井不動産のアセット・リソースを活用できる幅広い領域の企業を対象としており、1社あたりの投資額は数十億単位の大型投資を予定しています。グローバル・ブレインと三井不動産による共同投資決定後、グローバル・ブレインと三井不動産が共同で投資先ベンチャー企業の支援を行っていくことが大きな特徴です。本事業の資金提供をきっかけに、三井不動産グループの人的リソース、事業ノウハウ、商圏、街づくりのフィールドが提供されることでベンチャー企業の事業拡大を積極的にサポートしていきます。

本共同投資事業について

事業名
31VENTURES – グローバル・ブレイン – グロースI事業
運営者
三井不動産株式会社及びグローバル・ブレイン株式会社
投資規模
300億円
運営期間
10年間
投資対象
グロースステージのベンチャー企業等
重点投資領域
1. 不動産テック、2. IoT、3. サイバーセキュリティ、4. シェアリングエコノミー、5. Eコマース、6. フィンテック、7. 環境およびエネルギー、8. ロボティクス、9. AIおよびビッグデータ、10. ヘルスケア など三井不動産のアセット・リソースを活用できる領域

三井不動産について

会社名
三井不動産株式会社
所在地
東京都中央区日本橋室町2-1-1
代表者
代表取締役社長 菰田 正信
設立日
1941年7月15日
事業内容
不動産事業他