グローバル・ブレイン株式会社(東京・渋谷、 以下GB)は2017年12月8日(金)のGlobal Brain Alliance Forumにおきまして、Omise Holdings Pte., Ltd.(シンガポール、 以下Omise)と共同で、ブロックチェーンのエコシステムを更に発展、構築していく為のファンドを設立する旨を発表し、同日、日本経済新聞電子版にも記事が掲載されました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24428340Y7A201C1000000/?n_cid=SPTMG002

本ファンドは、グローバルにブロックチェーン事業に取り組まれているOmiseより、更にこのブロックチェーンとイーサリアムエコシステムを構築・発展させていく為の構想を伺ったことに端を発しており、またその構想は、GBがGB Blockchain Labsを設立した背景やその目的とも大きく合致しておりました。そのような背景から、Omiseのブロックチェーンエコシステムに対する更なる取り組みを、GBがベンチャーキャピタルとして培ってきた経験やネットワーク、ファンドとしての機能を提供、支援するという形で、ファンドの共同設立準備を行うに至ったものです。

2018年3月を目処に、詳細を追ってOmiseと共同発表させて頂きますが、本ファンドは研究開発の側面も持ち合わせているなど、運営主体も含めて通常のファンドとは少し異なったものとなる予定です。

引き続き、ブロックチェーンエコシステムへの支援を行うべく、GBは様々な取り組みを進めてまいります。