グローバル・ブレイン株式会社が運営するグローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合の出資先である世界初の人工意識の実現を目指す株式会社アラヤ・ブレイン・イメージング(以下、アラヤ)がパートナーとしてサポートする「汎用人工知能チャレンジ(General AI Challenge) [https://www.general-ai-challenge.org] 」の概要が、本日公開となりました。

アラヤはグッドエーアイと提携し、このチャレンジのコーディネーターとして、日本国内でのチャレンジの開発促進、本チャレンジ関連イベントを開催することにより、業界や学会の人工知能研究者の参加を幅広く促進していきます。

「汎用人工知能チャレンジ」はチェコの汎用人工知能(Artificial General Intelligence)研究開発会社、グッドエーアイ(GoodAI)[http://www.GoodAI.com] の主催するコンペティション型の人工知能プロジェクトです。このチャレンジは、人間レベルの人工知能開発に取り組むために設けられ、今後数年間にわたる一連のコンペティションを通じ、合計500万ドル (約5.6億円)の賞金が授与されます。

今回、6ヶ月に及ぶウォームアップラウンドの最初の課題「gradual learning」が発表されました。ウォームアップラウンドでは、合計5万ドル(約560万円)の賞金が用意されています。最高のパフォーマンスを発揮する人工知能エージェントの開発に1万5千ドル(与えられたタスクに基づき評価)、そして最優秀アイデアに1万ドル(本チャレンジの審査員による審査に基づき評価)が送られます。残りの賞金は、両部門の2位と3位に分配されます。

チャレンジには、国内外を問わず、個人でもチームでも参加可能であり、世界中の研究者やプログラマーの参加を呼びかけています。

「汎用人工知能チャレンジ」の詳細は、下記よりご確認ください。
https://www.general-ai-challenge.org

 

※汎用人工知能
現在の人工知能の機能は「囲碁」や「画像認識」のような特定の問題解決に特化しているのに対して、人間のように多様な問題に対して柔軟に対応する能力を実現したものが汎用人工知能と呼ばれる。

 

本件に関するお問い合わせ先
support@araya.org
担当:アラヤ・ブレイン・イメージング株式会社 金井、原田